運輸安全マネジメントの取り組み

輸送の安全に関する基本的な方針

安全は公共輸送機関の最も基本的なサービスであり、公共輸送機関に対する国民の信頼の根本を成すものであります。

このため輸送の安全確保は事業経営に欠かすことのできない重要な根幹であることを経営のトップは勿論、社員にも深く認識させ、安全に関する計画の作成・実行・チェック、改善等を実施して会社全体で安全の確保・向上を継続していきます。

また、安全に関する取り組みや結果についての情報を随時公表いたします。

基本スローガン

「交通規則を正しく理解し必ず守る。」

29年度の目標

1.人身事故0を目指す。

2.事故原因トップの後退時の事故をなくすため安全走行のポイントを励行する。
・「バックします。」と一声出しての始動を習慣づける。(意識の目覚めと一呼吸に気持ちの余裕。)
・窓を開けての顔出し確認、降車しての周辺確認。(後方は死角も多く、ミラーに頼らず目で確認。)
・可能な限りバック事故回避の行動をとる。(回転可能な場所への移動による後退事故の回避。)
・安全確認の社内ルール確立による再発防止。(運転者の指導教育と社内ルールの制定。)

3.通年事故防止キャンペーン
夕暮れ時の事故防止16時早期ライト点灯

輸送の安全に関する実績

(1月1日~12月31日)

項目
年度別
人身
事故
対物
事故
前年
増減
事故の主な原因
後退時右・左折
不適当
前方不注意追突その他
29年度-2
28年度
27年度-2
26年度

自動車事故報告規則に規定する事故は各年度とも無し。29年度11月30日現在

輸送の安全に関する教育

1.運行管理者に対する教育
◆社内及び外部委託の運行管理者としての実務研修の実施
◆点呼実施要領やアルコール検知器の点検保守研修の実施。
◆各種事故防止研修の資料作成等の指導。

2.乗務員の教育
◆初任者教育
10日間の社内教育のうち、法令・安全・接遇・地理等11時間の特別講習を運転者登録センターで受講します。
また、初任者の方には適性診断を受診させる。
◆現任者教育(上半期及び年間事故事例による研修会2回)
上半期及び年間事故事例による原因と再発防止の研修会を実施。
模範運転推進運動、冬の事故防止運動実施時に事前指導と旅客接遇は随時実施。
◆適齢者教育
65歳以上の適齢者の適性診断結果をもとに健康管理を含め個別指導を実施

3.安全管理
◆運行前及び終業時にアルコール検知器による飲酒の有無の確認を実施しています。
◆全車両にドライブレコーダーを搭載し、運行の状況の把握に努めています。
◆健康診断結果に基づく管理ノートを作成し、点呼時に当日の健康状態を確認する。

4.安全に関する表彰
28年7月14日長年にわたり無事故・無違反率が高く安全管理が優秀であると認められ新潟県安全運転センター長
及び新潟県警本部長連盟での「優秀安全運転事業所」として中村栄上越警察署長様から表彰が授与されました。
弊社、内山社長は、タクシー事業は365日24時間のハンデーのある中で「安全・安心」の取組みが評価されたこと
に感謝を述べるとともに、これからも運行管理や健康管理に心掛けると謝辞を述べました。


表彰状

表彰状

上越警察署での授賞式

上越警察署での授賞式

交通事故防止運動の取組

新潟県警察と新潟県ハイヤー・タクシー協会と路上寝込み者等の轢過に関する協定を行いました。

*路上で寝込んでいる人を発見したら手前で停車させ、ハザードランプを点灯し防護措置を講じる。

*防護措置を講じた後、110番に報告する。可能ならば路上寝込み者を安全な場所に移動させる。

*警察官が到着するまでの間は見張りをお願いする。

*特に夏季に轢過事故が多く見られますので注意喚起を促す。また、夜間走行時にはライトの上向き走行を励行する。

以上の措置について乗務員に周知徹底と協力を要請した。

地域貢献高齢者見守りタクシー開始

高齢者の特殊犯罪防止や徘徊などによる事故防止等の見守協力を実施。

中村上越警察署長、内山上越ハイヤー協会長出席の下、上越警察署構内で「高齢者見守りタクシー」の出発式を挙行。

表彰状

見守りタクシー出発式

秋季事故防止研修会

秋季事故防止研修会開催

情報公開

=路上寝込み者等の轢過に関する注意事項=

*忘新年会時期には特に注意が必要

① 路上で寝込んでいる人を見たら手前で停止する。
② ハザードランプを点灯し防護措置を講じる。
③ 措置を講じた後110番か会社に連絡する。
④ 可能ならば安全な場所に移動させ、警察官が来るまで見張りをする。



冬 の 交 通 事 故 防 止 実 施

(運動期間12/11~2/28)

例年、降雪時における交通事故多発傾向に鑑み、社内全員で事故防止に取り組んでおります。
本年も、各班10班・40人が参加し次のスローガンを掲げ運動の意識高揚を諮り、降雪時に伴う交通事故防止に取り組んでいます。事故防止運動に先駆けて、社長より運動の趣旨と繁忙期の健康管理について訓示を実施いたしました。
なお、運動期間中に無事故・無為違反・苦情等のない優秀班には社長賞が授与されます。

基本的事項 =気象状況に注意し、道路状態にあった安全運行の励行=

速度を控え、車間距離の保持を励行。強風時には降車してドアーの開閉を行う。
雪壁などで見通しの悪い交差点などでは一時停止をして安全確認を励行。
橋の上・曲り角等は特に注意し、急ブレーキ・急加速を避け、車間距離の保持でスリップ事故を防ぐ。
退視界の悪い時は降車して安全確認を励行。
気象状況・道路状態等を把握し、点呼時や無線放送にて情報の伝達を密にする。
Copyright (C) 2011 NAOETSU TAXI Co.Ltd. All Rights Reserved.